「メールアドレスを変える」時間が、これからの私を作る

仕事で使っていたメールアドレスを変えることにしました。

Each Oneで開業届を出し、同じアドレスで仕事をして早5年。

もちろん、ずっと同じアドレスを使うつもりだったのですが、新しいPCを買って様々手続きする中でうまくいかないことが続いたので、思い切ってプロバイダを変えることに。

そうすると、今のアドレスは使えなくなる(^_^;)

ということで、仕事用でありながらメールアドレスを変える事態になりました。

 

まあせっかくの機会なので、使い勝手を考えながら、他にもあれやこれや見直すことに。

よく見ると、いろんな相手といろんな仕事をする中で、PC上のデータもメールソフトの中も、まるで拡張工事を続けた家みたいに継ぎはぎだらけ。

もう使っていないのにそのままになっているところや、無駄に重なっているところ、一杯一杯なのに何とかやり過ごしてきたところなど、

もう「何とかしている」状態でした。

 

そこで、一度仕切り直し

メールのフォルダーを整理したり、メルマガも必要なものだけに絞ったり、アドレス変更の連絡をしたり…。

思ったより時間と手間がかかったのは想定外でしたが、やってみるとこの作業、今の私にとって「意味」がありました。

 

5年前の私は、大学のキャリアセンターでキャリアカウンセリング、からのスタートでした。

それから、大学のキャリア科目の授業で講師の仕事をしたり、面談相手も大学生から転職活動中の方や企業で働いている方と幅が広がったり、キャリアコンサルタントやその資格を目指す方の育成に携わったり…。

昨年からはオンラインの仕事もするようになりました。

面談も講師も、リアル対面でもオンラインで画面越しでも、それぞれの良さを感じながら向き合っています。

 

振り返れば、5年前には想像もつかない方向へ進み、思いもよらない仕事をしている「今」の私。

 

今まで歩んできた道のりを振り返り、私はいったい、何ができて、何に興味を持って、何を大切だと選んでいくのか?

立ち止まって振り返り、これからに目を向け、今何ができるか考える…。

 

まさに「人生(キャリア)」を考える機会だったのです。

 

日々忙しく過ごす中で、何とかはなっているけれど、

本当にこの先どうしたいのか?

このままの方向でいいのか?

今やっておいたほうがいいことがあるんじゃないのか?

そんなことを考える時間、実はとても大切です。

これから先、同じように時間を過ごしても、そこに自分としての「意味」があるかどうかは大きな違いになってきます。

 

身をもってその大切さを感じながら、まだまだ私の試行錯誤は続きます。

 

 

* オンライン「キャリア相談」も受付中

  詳しくはこちら ↓

「キャリア相談」について

 


この1年で大きく変化した世の中

コロナ感染が広がって早1年

世の中は大きく変わったものです。

 

マスク着用は基本的なマナーですし、対面飲食でのコミュニケーションは自粛。

代わりにオンラインが活用されるようになって、

就職活動や研修では、当たり前の選択肢になりました。

まさか、あっという間にこんな世の中になるとは思いもよらず、

人生分からないものですね…。

 

そんな変化を「新たな可能性」と受け止め、

私も昨年はオンラインでの講座運営や面談へと幅を広げてきました。

やってみると、デメリットもあるけれど、メリットも数知れず。

特に地域的なデメリットを感じることの多い私にとって、

オンラインはエリアの可能性を大きく開くことに繋がりました。

 

そこで、2021年度は、個人向けのオンライン面談を思い切ってスタート。

合わせて、このブログも少しずつ再開していくことに。

変わりゆく世の中で、

キャリアに関わる今の私が、何を感じ、何を考えているか。

自分を見つめていきたいと思います。


続・春は慌ただしいもので

別の日は、大学時代からの親友と会うために神戸へ

IMG_4589

あいにくの雨模様でしたが、なつかしい話に天気も気にならず。

そしてまたある日は京都へ

IMG_4629

伏見稲荷大社へお参りに

IMG_4602

外国人(アジアだけでなく)の多さに改めてびっくり!

日本人を探すほうが難しい…。

IMG_4611

有名な「千本鳥居」は写真を撮る外国人で通るのもやっと(^^;)

IMG_4618  IMG_4613

IMG_4620

平成もいろいろありましたが、もう終わり。

「令和」もいい時代でありますように。

 

ブログは、これからTwtterと並行して発信していきます。

https://twitter.com/eachone_

ブログ更新の頻度は減りますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 


春は慌ただしいもので

ブログもずいぶん間が空いてしまいました…

その間に新しい元号「令和」も決まりました。

3月4月は慌ただしく、大学の就職支援の相談に行く中で、大学でのキャリア科目の授業が始まり、大阪のキャリアコンサルタント養成講座も並行し、とあっという間に平成ももう終わりが見える頃になってしまいました。

その大阪での講座も無事修了。

講座が早く終わった日の寄り道の写真で、平成を締めくくりたいと思います。

折角の大阪なので、まずは大阪城

IMG_4522  IMG_4539

天守閣からの眺めは、城主気分

IMG_4530

大阪城内にある「豊國(ほうこく)神社」にもお参りしました。

IMG_4542

愛知にも「豊國神社」があって、お参りに行ったのですが、愛知の方は「とよくに」と呼び名が違うんですね。

そして、通天閣

IMG_4548

通天閣の真下で見上げると IMG_4550

IMG_4557


丸ビルの角で待ち合わせ

今月から、大阪でキャリアコンサルタント養成講座が始まりました。

関東生まれの私としては、息をするように自然にボケと突っ込みをする大阪人のイメージに、楽しみ半分、不安半分。

でも、初日の緊張と言えば、受講生の方も同じこと。

何より、安心できる場で、楽しく講座を進めていくことを心に念じての初日でした。

担当クラスは、大阪駅が家から徒歩圏内という心強いアシスタントの方のサポートもあり、和やかな雰囲気の中、講座を滑り出す事ができました。

そして、教えていただいたのが、

「丸ビルの角で待ち合わせな!」っていう定番ネタ。

帰りに表に出れば、そこにはまさに「角」の無いビルが。

IMG_4285

帰りの駅では、エスカレーターに立つ人が右寄りで、

IMG_4287

部屋の中に缶詰の一日ではありましたが、大阪を感じることもできました。

また来週が楽しみ(^-^)

ただ、行きの新幹線、米原付近はどんより雪雲が垂れこめ…。

雪が降ると、よく新幹線が徐行する場所なのです。

秋の東京通いは台風でバタバタと振り回されましたが、このシーズンの大阪行きは、雪が心配。

またまた天気予報とにらめっこの日々が続きそうです。


あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4152

平成最後の年が明けました。

1年前はロシアに留学して日本にいなかった長男

そして、成人を迎えた次男

2人の息子も交えて酒を酌み交わしつつ、平成最後の紅白でサザンとユーミンを見ながらの年越しとなりました。

明けて元旦はとても穏やかな日差しの下、昨年同様「田縣神社」へ初詣。

今年の思いを願ってお参りしました。

平成31年の次は、「○○元年」か?

今年の干支「いのしし」と言えば、「無病息災」とか、勇気と冒険の象徴だとか。

十二支の最後ということで、次に続く十二支の始まりに備え、準備する時期だとも。

今年もいっぽいっぽ、大切に進んでいきたいと思います。


今年も残り少なくなりました。

12月も半分すぎ、今年も、もう残りの日を数える頃となりました。

ささやかながら、クリスマス気分。

IMG_4125

子どもたちが幼い頃は、家の中にツリーを飾り、家の前の木にイルミネーションをつけ、寒い季節の中でも、クリスマスへ向かう何か暖かい雰囲気を感じていました。

ところが、ここ最近は日々に流され、気づくと今月もあと半分もない…。

さてと振返ると、今年はどんな年だったでしょう。

清水寺で書かれた今年の漢字は「災」

個人的には、たとえ「災」の象徴された年でも、もっと明るいイメージの漢字でまとめて欲しかったな~。

平成最後だから、「平」がよかった。

そんなことを思いつつ、細々と続けていた御朱印参りで、豊臣秀吉ゆかりの「豊国神社」へ行ってきました。

IMG_4115

出世の神様だそうで…(^^;)

確かに、草履取りから天下統一まで上りつめたサクセスストーリー。

あやかりたいものです。

IMG_4114

来年も、「夢」描き、その夢に近づける一年に。

それにしても、クリスマスも神社も堪能できる、日本人でよかった\(^o^)/


「人生」を学ぶ

久しぶりの休日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行ってきました。

よかった~(^^)

クイーンの音楽ももちろんですが、なにより、描かれているフレディ・マーキュリーの人生が。

華やかな一面とその裏にある苦悩の人生。

それが、とても濃密に描かれた映画でした。

思い返せば、先日「フェルメール展」と「ムンク展」に行った時、より「ムンク展」に私が惹かれたのも、まさにこの点かも。

ムンクは80歳で亡くなるまで、あの有名な「叫び」を描いた後50年もの間、画家として描き続けていました。

そんな長い人生の中で、途中精神を病みながらも、自分を見つめる自画像を数多く描き、

一方、写真や映画にも関心を持って、実験的な作品にも取り組み、

そして晩年、精神病を乗り越えてオスロへ戻ってからは、「叫び」とは全くイメージの違う明るい色彩で、力強く希望に満ちた作品を制作。

そんな「人生」を感じられる展覧会だったのです。

子どもの頃、伝記を読むことで偉人や先達から生き方を学びました。

大人になっても、というより、大人になったからこそ、他の方の人生から様々な思いを含め、学ぶところは大きい。

そして私、人の生き様に触れたいという思いが強いようで…。

今の仕事も、まさに人生と向き合う仕事。

実際に、年の上下を問わず、目の前の方の語りから、学ばせていただく機会も多いのです。

だから奥深く、この仕事に惹かれるんだな~と改めて実感しました。

この思いを、大学で映画研究会に入っている長男にLINE

「フレディ・マーキュリー 神!」


久しぶりの帰省

法事のために帰省してきました。

もうかれこれ2年位帰省していなかったので、本当に久しぶり。

週末だったので、夫と次男と一緒に車で中央道を一路甲府へ。

諏訪湖でひと休み。

IMG_3980 IMG_3981

今回の法事は私の祖父の33回忌。

私の両親が健在なので「元気なうちは」ということや、「顔を合わせる機会だから」ということもあってでしょうが、30年以上前と言えば遠い昔。

私が高校生の時に亡くなった祖父ですから、夫も次男も、仏壇の上の遺影でしか見たことのない「私のおじいちゃんの法事」でした。

「墓じまい」が話題となる昨今。

私も2人姉妹ですし、実家の苗字は既に継ぐ人もおらず、お墓を託された姉も今後どうするのか…。

祖父が気に入ってお墓を買った時からのお付き合いになった菩提寺は、市内では大きなお寺。

読経の中、本堂の豪華絢爛な飾り物を見上げながら、いろいろと考えてしまいました。

IMG_3990  曇り空の中、うっすらと富士山

IMG_3986  紅葉の季節ですね

IMG_3993  帰りの中央道

IMG_4001  きれいな山々なのですが

IMG_4012  あっという間に

IMG_4015  南アルプスへ陽が沈みました。

秋の日はつるべ落とし。


「芸術の秋」でもあり、「もの寂しい秋」でもあり

2か月に渡った週末の東京行きも、来週が最終日となりました。

思い返せば、9月とはいえまだ半袖だった頃から、台風に巻き込まれ「前泊を」とあたふたしつつ回を重ね、朝晩はコートをという季節になりました。

季節の移ろいを感じつつ、それとともに、私自身、学び感じることが多い日々だったと感じています

今回は早めに仕事が終わったので、折角の機会、寄り道してみました

IMG_3932

上野公園と言えば、パンダにも会いたいところですが、さすがに開園時間には間に合わず。

IMG_3937

美術館巡りをすることに。

閉館時間を確認しつつ、東京都美術館と、上野の森美術館をはしご。

東京都美術館では「ムンク展」

IMG_3939  IMG_3938

上野の森美術館では「フェルメール展」

IMG_3933

私の好みとしては「ムンク展」、行ってよかった(^^)

大満足で新幹線へ。

来週は講座も最終日。

出会った方との別れのさみしさは募りますが、思い切って引き受けなければ出会えなかった方々。

返す返す、行動する大切さを実感しつつ、精一杯臨みたいと思います。