ひとの人生、1年間を補償することなんてできない。

「大阪大学が去年の入試のミスで、不合格とした受験生30人を合格させた」というニュースが報道されていました。

入試以降指摘があったにもかかわらず、3回目の指摘で、次の入試シーズンとなった今、やっと訂正されることになったのです。

大阪大学が不合格になったからと、他の大学に入学した学生は2年生に転入できるとのこと。

浪人した受験生の予備校費用や、別の大学に入学した人への引っ越し費用も補償するそうです。

ニュースを見た私は、次男にこの話題を出すことをためらいました。

去年の入試で、志望校は結果至らず他の大学へ進学した次男。

今では大学にも慣れ、友人も…。

その時間を戻って修正すると言われても、どうしたらいいのか。

身近にいる存在に置き換えて考えると、生々しくて、思いは複雑…心が痛みます。

短くも長い1年間。

それぞれの受験生はどのような日々を過ごし、どんな今を迎えているのでしょうか。

今まで2回も指摘を受けながら、訂正するという判断に至らなかった問題作成責任者。

そして、そんな状況を防げなかった大学の責任は重いと思います。

お金ではこの1年間の時間は補償できません。

いい知らせなのに、かえって悩む人もいるはず。

でも、運よくこの30人の替わりに合格した人もいる訳で、人生なんて何が起こるか分からないものです。


ひとの人生、1年間を補償することなんてできない。” への2件のフィードバック

  1. 大阪大学入学試験出題ミス問題。
    昨年夏までに問題の不備を指摘されていたにもかかわらず、問題を作成した教授が自らの過ちを認めなかったようだ。
    傲慢教授、高飛車教授、自信過剰教授による許しがたい暴挙だ。
    日本の将来を担う優秀な若者の未来に多大なる悪影響を及ぼしたこの傲慢教授は反省して謝罪すれば済む問題ではない。潔く辞職すべきだ。

  2. コメントありがとうございます。
    世の中、理不尽なこともあります。
    その時どう向き合うか、これからも考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × five =