「何とかなる」と思えるのは

財布を忘れて出かけてしまいました…これで2回目…(>_<)

最寄り駅の駐車場は現金精算なのです。

以前忘れたときは、結局電子マネーでバスに乗って帰宅し、夜、夫に頼み込んで駐車場まで送ってもらい出庫。

この何とかなった経験が「結局、何とかなるんじゃない?」と私を甘やかすのです。

今回も、何とか全てを電子マネーで乗り切り、あまり良くない成功体験を積んでしまったようで…。

 

いったい、この「何とかなる」っていう私の思いはどこから来るんだろう…?

 

最初に思い出したのは、大学4年生の頃、親友と3人で青春18きっぷとレンタカーを使って北海道一周した時のこと。

予定があって友人達と別れ、一足早く一人で帰宅する途中、大雨で電車が遅れて乗り継ぎできずに、岩手の駅で一夜を明かすことになった日のことでした。

乗客と駅員とがトラブルになって揉めている上、人気の少ない真夜中の駅構内で一夜を明かすことになって不安に…。

そんな中、青森から東京へ向かっていた同世代の女性と一緒になり、近くにいた男性の方から調達した食べ物を分けてもらい、語り明かして翌朝を待つことができました。

その時声をかけて下さった男性の方の温かさや、女性と一緒に語り合う中で感じた心強さが、不安な私を支えてくれ、30年以上経っても心に残っています。

 

また、初めて養成講座の講師を担当したクラスでのこと。

東京へ日帰りで毎週末、2カ月間通う中、台風で2回も足止めされて泊まることになり、声の調子を悪くして枯らしてしまい、自分としてはカツカツの状態でした。

でも最終日に、受講生の方々から温かい声をかけてもらい、無事全うできた安心感や温かい声への感謝の思いは、今でも私の支えになっています。

 

結局、一歩踏み出した時、想定外のことが起きてうまくいかなかった時に、他の方の支えや励ましに支えられて進む中で、私の中に育まれた思いなんだ、と実感します。

その積み重ねで今の私はできているし、この「何とかなる」という思いが、私をここまで連れてきてくれたのも確かです。

 

今月で、開業して8年目に入りました。

 

ここまで来られたのは、自分の力だけではありません。

周りの方々や環境の支えがあるからこそ、ここまで歩んでくることができました。

本当にありがとうございます。

支えに感謝しながら、まだ先へ進むことができる、「何とかなる」と信じて、

これからも歩み続けようと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × one =