やっぱり、身体と心は繋がっている

ちょっと凹んだ出来事があって…と書いていましたが、

仕事に行く途中、最寄り駅の階段を下りながらちょっと気が逸れ、

あと3段といったところで、足から「ぐぎっ」っという音が!

その音が、心の折れる音かと思ったくらい、その時、心の動きは身体と繋がっていたのです。

 

膝をついてしまい、なんとか立ち上がったものの、足を酷くくじいていました。

そんな音を聞いたのは生れてはじめて(>_<)

 

なんとか立ち上がってみると、足は痛いけれど歩けたので仕事へ行き、帰宅後は、腫れあがった足を冷やして翌日病院へ。

レントゲンで骨折はしていないと言われ、ほっとしたものの、安静を言い渡されてしまいました。

その言葉、「ゆっくり休むように」身体から言われたような気がしました。

 

その後の1週間。安静と言われて予定を見ると、運よくお盆休み。

そして入っていた要件もオンラインばかり。

本当に心からオンラインのありがたみを痛感…。

 

相手は全国に渡り、対面だった場合、この足ではとても参加できないものばかり…。

コロナはまた広がりを見せていますが、こんな足の状況でも参加できたのはZoomが当たり前になったからこそ。

昨年からの世の中の変化に助けられた出来事でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty + eight =