問題に、直球で向き合うことがしんどいとき

問題が起きたとき、どうしたらいいのかと悶々と考え込んでしまうときもあります。

問題そのものは、自分の力でどうにもならないこともあり、だからこそそのもどかしさで、より深く悩んでしまいます。

もちろん、問題をどうにかすることも大切ですが、問題が大きいと、直球でその問題に向き合うのがやっぱりしんどい時だって。

そんな時は、その問題について、あーだこーだと考え思い悩んでいる「今」の自分についてどう思うか考えてみるのも一案です。

 

視点を「今」の自分の気持ちに向けてみます。

「どうにもならないことに、そんなにとらわれているのはどうして?」

「それは、どういう思いがあるから?」

「そのどうにもならないことについて、今どんな気持ちが心の中に渦巻いている?」

 

そしてその気持ちを抑えたり否定したりするのではなく、

「そうか…そんな気持ちも、自分の中にあったんだな~」

「だからとらわれてしまうんだ~」

と自分の「今」の気持ちをいいとか悪いとか思わずに自然と受け入れること。

 

うまくいかなくて、それでもどうにかしたいのに、自分では何ともならなくて…。

そう思う自分の思いを、自分でやさしく受け入れること

「私、そんな風に感じているんだな…」

そうやって、自分の中にたたずむその思い悩む自分の気持ちを、見守るように受け入れることで、

先へ、向かうこともできるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − 12 =