突然終わりを告げられ、「モノ」との時間を思う

このところ立て続けに「モノ」が壊れ、突然の終わり…が続いています。

始まりはPC。

そして食器洗い乾燥機に、エアコンと…。

 

PCは5年前に起業した時に買った「Surface」

リモート中に画像が乱れ、いつ壊れるか分からないので購入を。

最近では、リモートも増えてPCを持ち歩く回数が減っているので、今回はノートパソコンを購入。

ボロボロになったSurfaceのキーボードパッドを見ると、持ち歩いた現場や、宿泊先を思い出します。

まさに私の分身。

 

食器洗い乾燥機は、この家に引っ越してきた時からのお付き合い。

修理を頼もうと電話した時に「何年お使いですか?」と聞かれ、あらためて19年も使っていたことに気づきました。

朝は仕事に出かける前に食器を放り込んでスイッチON。

慌てて支度をして出かけた仕事先も、本当に数えきれず。

私の後押しをしてくれていました。

 

そしてエアコンは10年前に買ったもの。

このエアコン工事の日は夏休みで、取り付けに思いのほか時間がかかって、長男を塾へ迎えに行かないと、と時間を気にして焦っていたっけ。

 

振り返ると、「モノ」ではあるけれど、その「モノ」と共に過ごした時間を思い出します。

立て続けにきた、突然の別れ(T_T)

慌てて対応はするものの、一緒に過ごしたその時間を思い、さみしい気持ちも立て続けに…。

やっぱり、こころの準備期間も(金銭面も(^^;))兼ねた、早目の買い替えは大切ですね。

その方がダメージも少なそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 − two =