入社したら、ず~っと同じ働き方ができますか?「職種転換制度」って?

「職種転換制度」を設定している企業が増えてきました。

新卒で総合職・一般職として入社しても、様々な事情で変わりたいという希望があれば、転換できる制度です。

総合職として就職したけど、結婚・出産・介護等で転勤が難しいとき、同じ会社内で働きながら生活へ重点を置きたいから、と一般職へ転換する選択肢。

あるいは、一般職として働いているうちに、業務の幅を広げ、より責任ある仕事にもチャレンジしたくなって、総合職へ転換するという選択肢。

まだすべての企業にある訳ではないし、どちらか一方向の転換しかできない企業もありますが、以前のことを思えば、選択の幅は広がっています。

長い人生ですから、可能性があるほうがいいですよね。

実際働いてみないと、自分はどう働きたいかが現実として見えてこないから、働く前には思いもしなかった自分の価値観に気づくこともありますし。

思いもよらない状況になることだってあります。

でも、今の世の中、結婚・出産・介護などで一度正社員を辞めると、また戻ろうと思ったときに、正社員へ戻る道がまだまだ不十分なのが現状です。

もちろん、「誰でもリベンジできる社会」になって欲しいのですが、今できることをと考えると、新卒で就職した仕事で制度を活用しながら、できる限りキャリアを積むことも大切です。

そうやって、ライフスタイルに合わせて、一人一人が少しずつ今までより一歩先へ進むことで、世の中も変わっていくはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − 9 =