世界中どこに行っても、やっぱり中国人は多い?

ロシアへ留学している長男から連絡が来ました。

日本を出国してかれこれ1ヶ月。

どんな日々を過ごしているか、スカイプの電話を通して聞くことができました。

長男曰く…

寮は4人部屋で、日本人2人と韓国人中国人が1人ずつ。

寮はとても大きくて団地のようで、寮内には洗濯をしてくれるおばさんが(゜o゜)

基本自炊だけど、近くにはスーパーもあって野菜などはとても安いし、地下鉄もバスも50円くらいで乗れて、ショッピングモールやIKEAへも行ける。

近々ユニクロ(!)もオープン予定。

などなど、話を聞いていると、とても暮らしやすい様子。

大学の授業も始まり、留学生は、大勢いる中国人と韓国人がそれぞれ1クラス。

日本人はヨーロッパ人と一緒のクラスになり、ロシア語ができるヨーロッパ人のレベルが高くて大変と。

他クラスへの編入の交渉をする人もいるけれど、長男は腹をくくってそのクラスでがんばることに。

「日本人は寮に帰って勉強しなさい!」と先生に追い立てられるくらい、授業についていくための勉強が必要で、まずは単語をたくさん覚えないと授業が分からない…。

同じ大学には、日本語を学んでいるロシア人学生が80人!

日本で思う以上に、ロシア人は日本に関心を持っていて好意的なんだと、話を聞いて感じました。

そんな中でがんばる長男…話を聞いている私の方が「私もがんばらないと」という気持ちに…

IMG_2051 カザン大学

IMG_2056 ロシア正教会

IMG_2058 このアリーナはW杯の予選会場の予定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 − one =