「ほんなこんばっか、言っちょし!」

TV番組「秘密のケンミンショー」で甲州弁が取り上げられていました。

「だたらやせってぇから、ちょびちょびしちょし」

うんうん。小さい頃はそう怒られたよね。

甲州弁は山梨の方言なのです。

「山梨県に方言あるの?」と言われることもあります。

が、まぁこれが、若い頃にはかなり恥ずかしい方言なのです。

マツコの「月曜から夜ふかし」という番組で「ブサイク方言ワースト1」に選ばれたこともあるくらい。

だから、高校生の頃、東京へ遊びに行く時や修学旅行で県外へ出る時は、必死に隠していました。

でも、よもやのワースト1位。

「何事も中途半端よりは、1位のほうがいいか…」と開き直るしかない展開です。

甲州弁にいいイメージがあったのは、NHKの朝ドラ「花子とアン」の中で使われていた時です。放送当時は、「「こぴっと」ってどういう時使うの?」とか、「言ってみて」とか、いろんな人に言われました。

私は、かれこれ30年も山梨を離れているので、普段はすっかり尾張弁です。

単語や語尾も違えば、イントネーションも全て違うので、甲州弁も懐かしいな~。

番組を見ていた息子と、「甲府のばぁばたち、使ってたよね~!」と盛り上がりました。

*ほんなこんばっかいっちょし=そんなことばかり言わないで!

*だたらやせってぇから、ちょびちょびしちょし=すごく忙しいんだから、ふざけてるんじゃありません!

IMG_1027 郷土愛で、購入(^^;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + 19 =