実務経験がない仕事も、資格を取ったら就職できる?

先日、職業訓練のことに触れましたが、

私がかれこれ10年程、職業訓練に携わる中で出会った方は本当に様々。

失業中の方の中には、職業訓練を、「手当てを受給しながら学べるせっかくの機会」と捉えて、学ぶことに集中してしまう方もいますし、

就職が目的の訓練でありながら、就職活動に向き合えない方もいます。

またその理由も人それぞれです。

 

今までは条件を優先してパートで働いてきたけど、そろそろ子供の手も離れてきたので、もっとしっかり正社員で働きたい。

でも、いままでの経験で、正社員就職できるのか?

 

土日休みで働きたいし、年齢を考えると力仕事はちょっと…。だから事務職で正社員がいい。

でも、今まで事務職の実務経験はないし。

 

私がいた施設は、いずれも事務系の職業訓練なので、こう話される方が本当に多い…。

そうすると、次の一歩がなかなか踏み出せない。

 

何か資格を、と考えることは、悪いことではないのですが、

現実として、職務経験>資格あるいは、資格+職務経験であることも多いので、現実を踏まえて自分はどうするか、考えていくことになります。

 

ここで大切なのが、違う職務経験で培った経験や姿勢の振り返りです。

実は、職種は違っても、次の方向に活かせることがたくさんあります。

だから一緒に、丁寧に振り返ることを大切に。

 

資格やそこへ向けての学びは訓練時間でしっかりと、

そして今まで培ってきた経験の棚卸しや、身についた力や強みの整理は、面談をきっかけにじっくりと。

訓練では、ジョブ・カードというフォーマットに沿って、

自分の経験を棚卸しして一緒に整理したり、

その中から見つかった強みを活かせるような応募書類を作ったり、

今までの経歴や経験して感じたことをもとに、訓練後の方向を一緒に考えたり…。

 

その方の状況やペースに合わせて、一歩ずつ伴走し、修了日を迎えます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 1 =