インターンシップに参加するなら目的を持とう。

今年は、大学3年生対象のインターンシップが、本当に数多く実施されています。

それに、売り手市場を反映してか、昼食付きや交通費が一定金額支給されるインターンシップも、目に付くようになってきました。

あまり好景気の実感はなくとも売り手市場なことは確かで、今年の採用活動で思うように採用できなかった企業も多いのです。

そんな企業にとっては、インターンシップの段階から、今度こそは来年の採用に繋げようと気合が入ります。

もちろん学生目線では「昼食目当て」の参加者もいるでしょうが、やはり参加するからには目的を持って参加することが大切です。

そしてその目的は、人によって違ってきます。

志望業界や職種が絞り切れないなら、複数のインターンシップに参加して、その時の印象を振り返り、自分の興味や価値観を絞るもよし。

仕事の理解を深めるなら、社員の方との懇談会で、現実的な「働く」感覚を理解するもよし。

グループディスカッションが苦手なら、グループワークを含むインターンシップに参加して経験を積むもよし。

志望企業のインターンシップに本気で準備して、本選考へ繋げるもよし。

やはり、参加するときは目的を持って選択し、参加後もその内容を振り返って今後へ繋げることが大切です。

どうしてもイベントっぽい印象で、スタンプラリーのように参加を重ねがちですが、目的を持って活用することで、より納得のいく就職活動に繋がっていくのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 4 =