40年の重み 「こち亀」連載終了

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、40年の連載に終止符を打つこととなりました。ギャグマンガでこの長さはすごいです。

以前、作者の秋本治氏のオフィスがテレビの番組内で映りました。あのハチャメチャな内容からは想像できない、とてもきれいに整頓されたオフィスでした。原稿も編集部にストックがあるそうですし、そういった姿勢が、40年休載なしの仕事に繋がっているのだと感心しました。

「こち亀」はうちの息子達も好きです。平成生まれの息子達は、この漫画で「昭和」を知り、私の「昭和話」も、意外に共有してくれていました。

40年といえば、いろんなことがありました。その間続いた「こち亀」には、昭和の懐かしい人情話だけでなく、時代を捉えた無謀な「金儲け」の題材も多いです。

フィギュア制作とかドローンとか、時代に合わせた話題を柔軟に取り入れていたことも、長く続いた理由だと思います。

仕事における姿勢として、同じ仕事を時間的に長く続けるだけでなく、状況に合わせて柔軟に取り入れながら成長し続ける点は見習いたいですね

さあ、4年に1度しか目覚めない「日暮熟睡男」は、2020年東京オリンピックの年に目覚めて、連載終了を知るのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 3 =