うまくいかなかったからこそ、学んだこと

キャリアコンサルタント養成講座の受講生の方から、2度目のチャレンジでの合格報告がありました。

合格された方々、おめでとうございます!

これからは、同じキャリアコンサルタントとして、様々な方面で活躍されることを願っています。

残念ながら再チャレンジの方は気持ちを切り替え、次回こそはぜひ合格できることを祈っています。

私も、キャリアコンサルタント資格ができる前、移行もととなるCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の試験を受けたのですが、一回目は不合格でした。

試験の後、当時の私はなんとなく、「合格じゃないかな~」と思っていました。

だから、不合格通知が来て、中に入っていた講評の言葉には、ひどくショックを受けました。

立ち直ってもう一回受けようと決めるまで、時間がかかりました。

経済的事情も含め、「今度こそは絶対に受からないと!」と、万全の態勢で臨んだ2回目で無事合格。

この時の試験は反対に、「今回はダメかも…」と思う内容でした。

今思えば、自分が成長することで見る目線も育つわけで、自分のアラもできなかったところも、やっと気づくようになっていたのだと思います。

「できている」と思ったまま1回目の試験に合格していたら、今の私はありません。

何となく受かり、受講生の方々にアドバイスをする機会があっても、自信を持って見当違いのコメントをしていたはず。

落ちたショックは半端なかったのですが、そこから得たものはとても多かったな~と、今は思います。

2度目のチャレンジで合格をつかんだ方々、ぜひ自信を持って進んでください。

ストレートで合格した自分より、必ず力のついた自分になっていますから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × two =