長男の冬休み

ロシアへ留学中の長男は、1月いっぱい冬休みなので他の国へ旅行に行くとのこと。

去年はギリシャにしようかとも言っていたのですが、お正月に話した時は、どこへ行こうか迷っていると。

結局、18日から「コーカサス3国」と「モスクワ」に出発することになりました。

モスクワはともかく、「コーカサス3国」と言われても、私にはどこの事か分かりません…。

早速グーグル検索。

アゼルバイジャン・ジョージア(グルジア)・アルメニアのことだそうです。

黒海とカスピ海の間にあって、地図を見ると小さい3国がかわいくまとまっています。

古くから東西南北交通の要所で、民族が往来して交易で栄えたり、異民族に侵入されたりと、複雑な歴史を歩んだ地域なのだとか。

世界史が大好きだった長男と、世界史を睡眠時間にしていた私とでは、この国々に対して抱く感情は違うのかも…。

調べると旅行会社のツアーも結構ありました。

その情報を読むと、コーカサスの山々の自然が豊かな中、シルクロードの交易路の街並みや古い教会などが残っていて、写真もいい感じ。

ロシア語圏なので、少しは会話できるようになった長男には実践の場にもなるのかも。

18日にアゼルバイジャンのビザを取ったと知らせが入りました。

なんとこの国のビザは、2年ほど前から、トルコ人と日本人だけ、空港で無料でもらえるとのこと。

トルコ人はともかく、どんないきさつで日本人のビザが無料なのか、アゼルバイジャンと日本の関わりも知らないし、世界には知らないことだらけです。

長男は、約10日間の行程の前半は宿泊地を押さえて出発しました。

でも、国の様子がよく分からない上に一人旅ということで、私にとっては、うらやましさ半分、不安半分の日々を過ごすことになりそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − 5 =