「ちびまる子ちゃん」をありがとう

さくらももこさんが53歳という若さで亡くなりました。

本名も公表せず、自分が表立ったところへ出ることも少なく、まさに「ちびまる子ちゃん」のイメージを守ることを大切にした作家さんでした。

私は大学生の頃、寮の同室の友人に勧められ、初めて「ちびまる子ちゃん」を読みました。

私も2人姉妹の妹で、しかもその時住んでいた静岡市の隣町「清水」を舞台にした小学3年生のまる子は、まさに私にとって分身のよう

さらに、清水在住のサークル顧問の教授から「さくらももこさんのうちはすぐ近所だ」なんて話を聞き、ちょっと清水に行けば「ちびまる子ちゃん」に出てくる街並みがすぐそこに。

そんな環境もあって、より話に入り込んで読みふけりました。

周りを見る目線は子どもながらの毒もあるけれど、純粋。

ずるかったり小心者だったり、人に言えないところもあるけれど、優しい。

そんな「まる子ちゃん」と、とてもいきいきとした周りの登場人物たち。

「さくらももこワールド」にすっかりはまって、今でも本棚にこんなに!

 

IMG_3318

冷めた目線もあるけれど、純粋であたたかい心を持つ「まる子」は、自然体でいることの大切さも教えてくれました

才能ある作家さんを早く亡くし、とても残念です。

まだまだもっと多くの作品を見てみたかった…。

さくらももこさんのご冥福をお祈りします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 5 =