「電車通勤」と「車通勤」

私は最寄り駅まで徒歩15分と微妙な距離に住んでおり、仕事先の最寄駅までの距離で車で行くかどうか決めていました。

ここ3ヶ月間通った大学へは車を使っていたのですが、お酒の席に声掛けいただいたので一日だけ電車で向かいました。

電車乗り換えの接続がよければ、ほぼ同じ所要時間で行けるはず。

でも実際行ってみると、とにかく「歩く距離」が全然違う…。

乗り換えや階段など、結構歩くのです。

いかに車移動は歩かないことか。

やっぱり車移動は、日々心して歩かないといけないことを痛感しました。

電車通勤は、最寄り駅まで距離によっては結構歩くことになりますし、住んでいる地域では天候や事故で運休や遅延が起こると代替が難しい。

でも移動中は本を読んだりスマホで情報を確認したりと有効活用できます。

車通勤は、渋滞する時間帯だと到着時間が変わることや、運転中の時間を他のことに活用できない点は不便です。

でも天気に関わらずdoor-to-doorで移動できる点は便利。

どちらも一長一短。

今は仕事先も様々な場所へお伺いするので、その時々で電車か車か判断して決めることになります。

ただ、そもそも私は電車に乗ることも車の運転も好きなので、結局、移動は楽しい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × one =