小学生に色覚検査が実施されていなかった!?

最近は学校で色覚検査をしていなかったって知ってますか?

小学校4年生で受けていた検査が、2003年に廃止になっていました。知らなかった…。

それが、今年度から希望者のみ受けられるようになり、うちの次男に調査書がきたので、希望して検査を受けてみました。

すると結果は「要再検」…。

早速、眼科で再度検査してもらうことになりました。

色弱は男性に多く、20人に1人もいるんです。それなのに、1993年以降に生まれた人は検査を受けていないので、自分が色弱か知らないまま就職期を迎えています。

以前ほど進路の制限はないのですが、飛行機や船舶の操縦士、警察官、消防士、変わったところではフグの調理師など、職務上必要との判断から、採用時に検査が実施されているところもあります。それを、進路決定時期に知ったのでは混乱を招いてしまいます。

「差別」を受けないために廃止になった検査ですが、「可能性がなくなる」という考え方ではなく、「自分のことをよく知って判断していくため」と捉えることも大切です。

うちの次男は再検査で「異常なし」と診断されましたが、インターネット上にも色覚検査表が公表されているので、受けたことのない方は、ぜひ実際に検査をやってみて下さいね。(正確な判断には、必ず眼科医の診断を受けてください)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 7 =