「キャリア」は働く人だけのものじゃない。

今日は私の誕生日でした。

私の人生振り返りつつ、キャリアコンサルタントである私として、改めて「キャリア」について考えてみました。

「キャリア」というと、「キャリアを積み重ねる」とか「キャリアウーマン」とか、バリバリ仕事のイメージがある言葉ですね。でも「キャリアコンサルタント」の扱う「キャリア」はこれだけではないのです。

キャリアカウンセリング理論に登場するスーパーが指す「キャリア」は、人生のある年齢や場面でのさまざまな「役割」の組み合わせのことなのです。

そう考えると、仕事も、役割の1つ「職業人」に含まれるだけですし、役割ごとのバランスは、その人によって、人生の時期によって違って当たり前ということになります。自分の中の役割の状況に合わせて、どうバランスを取っていくかを考えるのです。

この理論を知ってから、仕事を中心と捉え、キャリアを積み重ねられないともがいていた私、それに婚・出産・子育て・家事・地域活動・仕事と、それぞれのバランスを取りながら日々をやりくりしいた自分を、認めてあげようと思えました。

キャリアコンサルタントとしては、仕事はもちろんですが、その人の時期に合わせたその人の役割のバランスを理解して、視野広く人生に関わっていくことになります。

まだまだこれから、がんばろう!!と決意を新たにした誕生日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 1 =