駒ケ根のソースかつ丼と甲府のカツ丼

IMG_0461

夫の転勤が決まり、住まいの下見に駒ケ根市へ。

到着するとすでにお昼時。駒ケ根名物の「ソースかつ丼」を食べることになりました。

卵でとじた一般的なかつ丼とは違い、特製ソースがかかった「かつ」とキャベツの丼です。

ソースがおいしさのポイントですね。

カツ丼といえば、私の出身甲府のカツ丼も卵とじではなく、カツライス(カツとキャベツ)をそのまま合体させた丼で、自分でソースをかけて食べます。

県外の人からはつっこみにあうことも多いメニューですが、地域も違えば様々です。

非難せず、その違いを受けいれ楽しむことでも幅が広がりますから。

ちなみに、甲府では、一般的なカツ丼は「煮カツ丼」と呼びますのでお間違えなく。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 1 =