ぶどうを食べて、甲府盆地の夏を想う

今年のお盆休みは愛知で過ごしています。

すると、山梨の実家から、毎年恒例のぶどうが送られてきました。

IMG_1926

農園のぶどうを送ってくれるので珍しい品種も入っていて、袋に書かれている名前を見ないと分からないぶどうばかり。

FullSizeRender 5

今回は、黄緑色の「シャインマスカット」とルビー色の「サニールージュ」、巨峰に似た「サマーブラック」が入っており、すき間が大房のデラウェアで埋め尽くされていました。

たくさんあるので、半分は夫の実家へおすそ分けしたり冷凍したりと、新鮮なうちに割り振ります。

実家のある甲府盆地は、周りを山に囲まれ、車で30分も走ればぶどう畑に行き当たります。

小学校の頃の遠足に、ぶどう畑の間を通って歩いた思い出も…。

名古屋近郊も蒸し暑いですが、甲府盆地は気候が厳しく、夏は蒸し暑く冬は底冷えがする地域。

最近は他の地域も最高気温を更新していますが、以前は甲府の最高気温は全国ニュースの常連でした。

山梨出身と言うと、「涼しくていいね」と言われることもあるのですが、山梨=高原で涼しい、なんて思ったら大間違いなのです。

冬も、長野県で大雪を降らせた風が吹き下ろす「八ヶ岳おろし」というからっ風が吹き荒れ、雪はあまり降らないけれど、毎日氷点下の底冷えに凍えていました。

そんな厳しい気候なため、甲府盆地に生まれ育ったら、全国どこの気候でも大丈夫とも。

南アルプスを始めとした高い山々に360度囲まれ、盆地の底から周りを見渡すと、いつも目線の3分の2は山でした。

私が行ったことのない地域へのあこがれが強いのは、その山の向こうへのあこがれから来ているのかもしれません。

ぶどうを食べながら山梨に思いを馳せ…。

お盆が終わるともう8月も後半。

日中は暑い日々が続きますが、夜には虫の音が聞こえ始め、秋が近づいているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 + seven =