日本にいると、平和は空気のようで…。

15日の朝、夫からJアラートがなったというLINEが来ました。

前回に引き続き、今回も愛知県では鳴りませんでした。

でも、長野県はアラートの対象エリア。

テレビで聞いた不気味な「Jアラート」を2回も聞くことになったようです。

あの音を、実際に突然聴いたかどうかで、ミサイルの話題に対する空気感は違います。

14日には、ロシアで爆破予告の電話が相次いで空港や学校から避難騒ぎが起きている、というニュースがありました。

普段なら何気なく読んでいる話なのですが、今回は長男のことが心配になり、聞いてみました。

留学に出発する前に、大学で危機管理等々、ざっと説明は受けていて、外務省の専用サイトにも登録はしてあったので、注意喚起のメールが来たようです。

Screenshot_20170914-090010

実際に住んでいる地域では、騒動もないそうなので、今回はとにかく注意をするよう再確認。

日本では、ミサイルが通過したからといって、すぐに何かが起きるわけではなく、やっぱり平和な国ですね。

空気のように当たり前に平和があるから、平和なことも忘れてしまいがち。

ありがたいことですが、ずーっと続くのかどうか、考えさせられる出来事でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − fifteen =