希望という名の光

オリンピックの番組の合間に流れるCM

年度末が近いからか、やたらと「スタッフサービス」のいろんなパターンのCMを繰り返し目にします。

テーマ曲が耳から離れません…。

録画ではスキップされてしまうことの多いCMですが、印象深いものもあります。

テレビで流れているとつい見入ってしまうのが、カロリーメイトのCM。

「受験に意味があるかどうかは分からない。ただ一歩一歩自分の力でつかみとった景色は、生涯、忘れないはずだ」

山を登る姿と勉強している受験生の姿が繰り返される中、山下達郎さんの「希望という名の光」という歌が流れます。

このCMを目にするたびに、私は子供たちが受験していた時の気持ちが蘇ってきて、切ない気持ちになります。

「受験に意味があるかどうか」

どうなんでしょうね…。

受験そのものも大切ですが、私は、そこを目指した日々にこそ、意味があると思っています。

受験は結果が思い通りにいくこともあれば、いかないこともあります。

ただ、思い通りにいかなくても、その先に道は続いています。

うちの息子たちは二人とも第一志望の大学に合格することはできませんでした。

1年前、そして3年前の息子たちを思い出し、それでも今、それぞれに歩き出していることに、「私より強いな~」と感じています。

受験生にとって、がんばったという事実は自分だけの「たからもの」です。

健闘を祈っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 2 =