苗字を見ただけで、勝手に想像したこと

自分の中の思い込みに気づいた話を二つ。

今お伺いしている大学では、就活シーズンにカウンセラーさんを増員するのですが、ご一緒する方のことは苗字しか知らされていませんでした。

5月になって初めてご一緒する方とお会いした朝

「えっ?」

年上の男性の方でした。

以前勤務した大学では、委託された会社がカウンセラーを女性に絞っていたため、私の中で、

大学のカウンセラー=女性

のイメージがついていたのでした(^^;)

実際には、今年は2名の男性のカウンセラーさんとご一緒しています。

もう1件は、企業合同説明会へお伺いしたとき。

訪ねて行った担当者がご挨拶に来てくれた時

「えっ?」

若い女性の方でした。

私が所属する組織からの紹介だったため、何となくその方の苗字を見たとき、私は男性のイメージを持ったのでした(^^;)

「えっ?」と思ったことに、自分がびっくりしました。

そして、何気ない経験の積み重ねから、こうして思い込みはできていくのだと実感しました。

職業に対する男性か女性という性別の視点もそうですが、人って思い込みというメガネをかけて生きているんだな~と改めて気づかされました。

この思い込みがいけないかどうか、という問題より前に、まずはその思い込みの存在に気づくことが大切ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − 19 =