「何者」 「シューカツ!」 ~小説で就活を知る

大学新卒の就職活動にはシーズンがあり、選考フローも独特です。

エントリーシートやグループディスカッションも、一度に大量の希望者を対象にする新卒就活で行われる選考方法です。

そんな「就活」を題材にした小説からは、また違った角度から「就活」を知ることができます。

 

★朝井リョウさん「何者」(公開中の映画の原作)

この作品には、SNSと現実が混在する「今どきのリアルな就活生」の姿が描かれています。

就活をテーマとしつつ、鋭い観察眼による登場人物の描写と、読む人をも巻き込むストーリー展開になっています。

「確固たるものさし」が分からないまま進んでいかなければならない就活で、「大したことない自分」をどう社会へ出していくかに苦悩する登場人物たちの姿が、リアルに描かれています

★石田衣良さん「シューカツ!」

7人の大学3年生が「シューカツプロジェクトチーム」を結成して、全員合格を目指します。

主人公や、主人公が出会う人たちを通して、「働くとは?」「就活の本質とは?」を考えさせてくれる作品です。

「何ができるかで評価されてきた」学生から、「実社会の壁に折り合いをつけて、自分を社会に理解してもらう」社会人への、人間としての成長が描かれています。

 

就活は、自分で進んでいかなければならないからこそ、悩み、落ち込むことも多いのです。

でも、だからこそ、目を見張るほどの成長があるのも、また就活なのです。

ぜひ周囲は、一歩離れて見守り、応援していきたいですね。

「どんな活動をしているか」や「就活生はどんな気持ちか」が体感できるので、最近の就活に興味のある方には、読んでみることをおススメします。

*小説の就活スケジュールは、現在の就職スケジュールとは違います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × two =