女子学生目線と社会人目線の違い

茶髪は黒髪に染め直して、いよいよ就活モード。

となっても、意外なところで「ジェネレーションギャップ」を感じることがあります。

女子学生の場合だと、就活スーツの白シャツの下に着るインナーの色。

「え~!黒はダメなんですか?」

学生さんは、下着らしく見ないようにあえての黒インナー。

でも逆に、白シャツの下のインナーは、透けて見えないための、白かベージュです。

他にも、前髪を止める額の真ん中のピン。

額を出した方が明るい印象なので、前髪を斜めに分けるのはおススメです。

でも、前髪を斜めに流そうにも短くて…といった時に止めるピンは見えないように止めてください。

普段は額の真ん中で止めるのもカワイイのですが、就活では…。

今短い人も伸ばして行けば届くようになるので、それまでは、スプレーを使って固めたり、ピンの位置を工夫したりしてしのいでいきます。

就活となると、なんだかんだ、学生さんにとっての父親世代と相対する機会が多くなります。

そこでは、おしゃれとしてではなく、ジェネレーションギャップも差し引いた「身だしなみ」が求められるのです。

企業や、目上の初対面の社会人目線を想像することも、就活の一部なのですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + 16 =