「転機」は突然に。夫が転勤する。

夫が8月から長野へ転勤になりました。以前から話はあったけれど、去年も話が流れて、本当に転勤するとは実感がなく、どうする???

次男は愛知近郊の大学を受験すべく、準備を進めている受験生だし、ここで転校は難しい。

相談の結果、結局夫の単身赴任に落ち着きました。

でも、そもそも私は愛知出身ではなく拘りもないので、ついて行くという選択肢も十分あるのです。

だけどそうなると、私の仕事はどうするの?と、ぐるぐる考え込んでしまいました。

そういえば、CDA養成講座でシュロスバーグの「転機」の理論を学んだから、使ってみよう。

転機の乗り越え方は…

「転機とは何かを理解し」 → 自分が優先したいのは何なのか、改めて考える機会かな。

「戦略を立て、行動計画を使って乗り越えていく」 → 夫が転勤して生活が変化する不安(-)を、時間を見直して確保できる(+)と捉え、今までしていないことに時間を使おうかな。

そこで、こうしてブログも書けているわけです。

転機の理論も自分を題材に体験できたし。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 + twenty =