「違い」を活かし合う大切さ

三重県津市で三重県主催の「ダイバーシティ」講座に参加してきました。

「ダイバーシティ」といえば、少し前から聞かれるようになった言葉ではありますが、まだまだどんな意味か分からないという方も多いですね。

「多様性」、つまり、企業で人種や国籍・性別・年齢を問わず人材活用すること、なのです。

「女性」「LGBT」「シニア」「障がい者」「外国人」等々、これからは多様な人々で力を出し合うことが大切な世の中なのです。

会場となった三重県総合文化センターには、敷地内に複数の施設が。

IMG_3250

本講座の始まる前にも、その施設内で障がい者の方が働くステップアップカフェ「Cotti菜」のランチ会があり、そちらももちろん参加。

障がい者の方の働く姿を見ながら、水耕栽培の新鮮な野菜を使ったおいしいランチをいただきました。

IMG_3252

本題の、多様性を「強み」として捉える講演はもちろん、とても学びの多い時間でした。

この講座は、以前キャリアコンサルタント養成講座で出会ったNPO法人の方にご紹介いただいての参加です。

最近話題の「LGBT」「外国人」「障がい者」といった分野へ実感が足りないな、と感じていた矢先、声を掛けていただいた事をきっかけに参加。

何となく意識はしているけど、自分から探すところまで至っていない取り組みに、お誘いいただけるのもありがたい。

もちろん、久しぶりに顔を合わせた方々と過ごした津市内の夜も、とても楽しい時間でした。

元気をチャージ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 3 =