あきらめないことの大切さ~オリンピック編

オリンピックで、女子レスリングが3階級とも金メダルに輝きました!

16日に書いた、私のあきらめない話とは次元の違う「あきらめない」姿勢でした。彼女たちは、残り5秒・3秒という時に、なぜ逆転できたのでしょう。

たとえ劣勢でもうまくいかなくても、最後の最後まであきらめない気持ち。そして、そのあきらめずに向き合う中で巡ってきたチャンスに、全力を出すことのできる日頃の努力。

この成果がレスリングの3選手にとっては、金メダルに繋がったのだと感じました。

もちろん、みんなが金メダルを取れるわけではありません。能力も人それぞれです。

でも、「あきらめない」ことこそが、目指す目標へたどり着く術であることに変わりはありません。

すがすがしい3選手の顔を見ながら、私も「もうあと一歩」と、力をもらいました。

おめでとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 + 13 =